特徴のある建築施工管理の求人について

建築施工管理技士を目指している人と求人を探している人へ、お話ししていきます。まずは、建築施工管理技士とは何かという事をみていきましょう。建築施工管理技士とは、建築工事の施工計画を作成する職業です。現場での工程管理や品質管理、安全管理などが主な仕事で、建築物の質を向上させるために必要な人材です。1級2級の区分があり、行なえる業務が違います。いずれにしても規定の業務経験が必要であり、試験を受けるには年月を要します。1級の場合、合格率は20%以下の年が多く、難しい資格と言えます。建築現場全体を把握し、指揮する立場になるので、当然と言えば当然です。責任がある分、手当や給与面では良い待遇となります。建築の現場で働いている人の、キャリアアップでもあります。また、会社から求められる事もあるでしょう。

求人で求められる建築施工管理士の受験資格とは

インターネットなどで建築施工管理技士の求人を見ていると、さまざまな会社を目にします。条件もさまざまで、実務経験が必要だったり、資格をもっていればよかったりと、多種多様です。給与面にも大きく差があり、管理職になるとかなり高額となる会社もあります。もちろん、年齢や実務経験の年数によって給与面が大きく変わるのは当然です。経験値が多ければ多い程、会社にとっては即戦力となるからです。また、1級か2級かでも給与面に差が出ています。研修期間を設けている会社や、歩合給をもらえる会社もあります。他の職種と同じ様に週休2日や、年末年始の休みなどがしっかりととれる会社も、もちろんあります。大手になるほど、住んでいる場所を引っ越さなくても就職できる場合もあるほか、福利厚生がしっかりとしている会社が多いです。

特徴のある建築施工管理技士の求人とは

では、特徴のある建築施工管理技士の求人はあるでしょうか。IターンやUターンを歓迎している会社は、非常に多く見かけます。また、入社祝い金を出している会社や、20時退社を徹底している会社もあります。建築の現場は、やはり一度見てみないとわからない部分も多いでしょう。特に、未経験の場合は不安もあると思います。例え給料が良くても待遇が悪ければ働けませんし、待遇が良くても給料が見合っていないと続けて行く事が難しくなってしまいます。そのため、求人を探す場合、条件をしっかりと確認するのはもちろんですが、できれば現場の様子を見させてもらうなど、自分に合っているかを確認する必要もあります。大手でも、それは同じです。せっかく資格を活かして働くのですから、自分に合った会社で長く続けて行く事が大切でしょう。