建築施工管理求人のよくある条件

建築施工管理技士の資格を保有している人を対象とした求人は、昨今の国内事情により好条件かつ高給与の条件を提示している企業が増えてきています。東日本大震災発生以降、時間の経過とともに復興工事がより一層本格化する流れとなっています。一方で、2020年に開催されることが決まった東京オリンピックとパラリンピックをはじめ、リニアの開業などに伴う大規模な都市開発の流れも活発化し、建築施工管理技士の資格を保有する人材が都市部に集中している現状もあります。そうした現状から本格化している東北地方における復興工事の現場では、建築施工管理技士をはじめとした多くの建築関連の技術者を必要としており、他の地域の求人と比べて、好条件で高給与な求人情報が多い傾向にあります。そうしたライバル企業が多い中で、有能な人材を獲得するための求人条件のポイントをご紹介します。

建築施工管理の求人で有能な人材を募集するためには

日ごろの業務を抱える中で自社のホームページなどでの求人情報の掲載だけでは、求めている人材に出会える機会が限られるケースも少なくありません。そこで自社の求人情報がより多くの人の目に触れること、求めている人材とのマッチングができることが有能な人材を獲得するためのポイントになります。そこで、求人掲載が基本的には無料で利用ができて、建築施工管理技士をはじめとした多くの施工管理技士が利用している建築施工管理専門の求人サイトの利用がおすすめです。こうした専門分野に特化した求人サイトでは、企業側が求める経験やスキルを持っている人材に対してアプローチできるほか、求人サイト側からのマッチングも実施しており、経験豊富で有能な人材に出会えるチャンスが広がります。正社員のみならず、人材派遣サービスも展開している求人サイトもあるので、募集したい雇用形態によって利用するサービスを選べる点もメリットです。

建築施工管理の求人で人気の高い募集条件とは

需要が高まる一方で、建築施工管理技士をはじめとした人材の確保は建築業界が抱える一つの課題となっています。企業が求める有能な人材を確保するための条件として、高水準の給与をはじめ、好条件の求人が求められますが、人気の高い募集条件として福利厚生の充実がポイントとなります。まず基本となるのが、法廷福利厚生の導入の一つとして社会保険への加入が挙げられます。社会保険に加入することで企業に対して人材が集まりやすくなるだけでなく、社会保険加入業者は国土交通省が直轄する工事を受注できるというメリットがあります。もう一つはワークライフバランスなど、働く人が快適で安心して仕事を続けることができる環境づくり、生活のサポートのための法定外福利厚生の充実です。基本的な福利厚生に加えて、社員寮があるなど企業独自のサポート体制の充実を図ることがライバル企業との差別化に繋がります。