建築施工管理の求人で有能な人材を集めるコツ

建築施工管理の求人では、資格の保持やある程度の経験や知識を持った人材を求めます。今の時代、求人を出せば人材が集まるわけではないので、募集する企業側も努力、工夫する必要があります。有能な人材となれば、なお人材確保は難しくなってきます。そこで、有能な人材を集めるコツを紹介します。一般的な求人サイトもいいのですが、建築関係の仕事の求人に特化した人材派遣会社に登録するのもおすすめです。そうすることで、ある程度、どの程度のスキルが必要なのかを第三者に相談し、選ぶ事が出来ますし、繁忙期に短期で人材を集めるのも1つの方法です。人材不足だからと、焦って急ぎ足でとりあえずの人員を確保するのではなく、じっくり面接をし、自社の社風に合う人物か、コミュニケーション能力や人柄、知識や能力をよく確認し、採用していくことも重要なポイントです。

有能な建築施工管理者を求人するための募集条件

建築施工管理、建築関係の仕事をする場合、ほとんどの人が資格を持っていて経験がないと雇ってもらえない、と考えます。もちろん経験値や知識を持っている人も重要ですが、無資格、未経験でも興味のある若者や、異業種でも、リーダーとしてスタッフをまとめていたことがあり、責任感のある人材なども求人している事をアピールしておくと、より求人率があがります。給与面では、年齢、経験に応じて相談できるとなお良いです。具体的な仕事内容も記載してあると、わかりやすく、問い合わせしやすくなります。次に、募集の年齢を20代から50代など、幅広く設定しておくことも大事です。施工管理では幅広い年代のかたが働いています。40代、50代ともなると、経験値や知識も豊富なので、まだまだ働ける有能な人材を採用する事が出来ます。資格がある人だけでなく、興味のある若い世代の人たちも募集できるような募集条件を記載しておくことが大事です。

建築施工管理の求人でおすすめする募集条件

建築施工管理の求人をみてみると、未経験、未資格の施工管理に興味のある方募集、と記載があるものも多いです。資格があればなお良い条件で雇ってもらえそうですが、その資格も施工管理技士だけでなく、現場管理経験者、電気施工管理技士等の資格、図面が読め、基本的なPCスキルがあれば良い、とゆう募集条件もあります。日本は高齢化社会となってきています。まだまだ現役で働きたい60歳代向けの求人も大きく掲載している企業もあります。ベテランで経験値も高いため、有能な人材を採用することができます。その際はブランクありOK等一言あるとより良いでしょう。経験や資格保持者に対する優遇条件も記載しておくとスキルアップのために転職されるかたにもアピールできます。このように募集をかける側もただ資格があればいい、という考えに限定するのではなく、視野を幅広くして、求人の募集条件を決めていくと良いでしょう。