建築施工管理での求人はこんな人材を求めている

建築業は、様々な技術を持つ人々が協力して一つの建物を作っています。施工管理とは、建築現場で工程管理・安全管理・品質管理などを行う仕事です。中でも建築施工管理は、発注者と打ち合わせを行ったり、現場に立つスタッフへの指導、監督をするのが主な仕事になります。ですから、建築現場において施工管理は重要な仕事であり、1級・2級の建築施工管理技能士という国家資格があるほどです。一定額を超える発注工事については、1級または2級建築施工管理士の現場常駐が義務づけられていますので、現場ではやはり管理技術者、主任技術者、専任技術者として工事を担当できる1級建築施工管理技能士の資格を持っていると大きなメリットとなります。企業としても、大きな現場を請け負うためには建築施工管理士が必須となりますので、求人には資格を持った人が歓迎されるでしょう。

建築施工管理に求められる人物像を絞ってから求人を考える

建築施工管理士の受験資格には、大学・短大・高校で指定学科を卒業しているかどうかと実務経験が必要となります。指定学科には建築・土木・電気・都市工学・造園などがあります。自分の卒業している学科が指定学科に含まれているか確認が必要です。実務経験は建築工事の実施に直接関係する技術上の職務経験です。実務経験として認められる内容は、建築一式工事・大工工事・タイル・レンガ・ブロック工事や鉄筋工事などです。1級、2級や大学、短大・高校の卒業した学校によって実務経験の必要年数が異なります。1級建築施工管理技士は、高層ビルや高層マンション、公共施設における様な、大規模工事に携わる事ができます。2級建築施工管理技士が携わる仕事は、中規模の工事がメインです。2級の資格は「建築」、「躯体」、仕上げ」という3種類に分かれています。いずれの資格も求人・就職に役立ちます。

求人でチェックしたい建築施工管理技士の資格のメリット

建築施工管理技士の資格をとって求人を探す際にチェックしたい項目をチェックしてみます。建築施工管理技士の求人は、土木建築関連企業、ハウスメーカー、工務店など多くの業種に渡ります。建築施工管理技士の資格を持った人歓迎となっている求人も多いです。資格を持っている事で、資格手当がつく事もあります。資格をしっかりと評価してくれる企業に就職を目指したいですよね。特に1級建築施工管理士は工事の規模に関する制限がないため応用が利き、大手の会社で必要とされる事も多くなっています。景気の変動と建築業務や規模は連動する可能性はありますが、需要がなくなることはありません。是非とも建築施工管理技士の資格をとって、将来を通じて職に困ることがないようにしたいです。求人をチェックする場合には、自分がやりたい仕事を多く担当できるかどうかを確認する事も忘れないようにしましょう。