建築施工管理の魅力的な求人条件

建築施工管理は、建設現場で品質・安全・スケジュールを管理しながら全体を調整する仕事です。近年、その建築施工管理の職業は人手が足りていません。日本の建築業界の人手不足はとても深刻で大手ゼネコンでも人を外注してなんとかしのいでいるという状況です。それに反して求人の数は多くなるばかりです。例えば、東京オリンピックを控え、建築ラッシュが始まり、地方では耐用年数の過ぎた建築物の補修、建て替えなどが多く行われているなど日本各地で建築施工管理技士が求められているのです。人手不足である原因の1つとして挙げられているのは、「誰でもできる」職業ではないからという事が理由の1つとしてあります。施工管理業務に関する知識や技能は1日や2日で身につくモノではありません。しっかりとした知識や経験が必要になってくるのです。

四日市市で失敗したくない外壁塗装

いくら人手不足といっても誰でもできる職業ではないからこそ、見境なく採用するわけにはいきません。そのため、求人内容は、「本当に求めている人物像」を明らかにした上で考える必要があります。では、建築施工管理という職種に求められる人物像にはどのようなものがあるでしょうか。まず、「コミュニケーション能力」です。建築現場では、様々な職人さんがいます。中にはクセの強い職人さんもいたりしますので、高度なコミュニケーション能力が必要です。次に「リーダーシップ」です。現場での指揮官が弱々しく頼りない態度で指揮を取っていると職人さんも不安になってしまいます。偉そうにすることは良くないですが、堂々と頼りがいがあると思われるような指揮官でいる必要がありますので、しっかりとリーダーシップがとれるというのは大切です。

建築施工管理の魅力的な求人の内容

建築施工管理に求める人物像は明らかになりました。では、そのような人物に「ここで働きたい」と強く願ってもらえる魅力的な求人内容は、どのように書けばいいでしょうか。まず、「安定性」があるというところをしっかりアピールしましょう。経験があるベテランだと、年齢もそれなりに重ねていて子供がいる人も多くいます。そのため、収入の面で安定していることは必要不可欠ですので、そこをわかりやすく見せましょう。次に、「やりがいがある」というように感じさせる内容にしましょう。建築は「ものづくり」の中でも最大級の大きさです。1つ1つの現場が大きな成果です。工事確認の点数が高いと、報酬を渡すなどわかりやすく「やりがい」を感じられるようにすることが大切です。有能な建築施工管理技士とのご縁を得られるように魅力的な求人内容を考えるようにしましょう。